作りやすさを意識した設計で、高品質・低コストを実現

デザイナー渾身のデザインを製品化する際、デザインを損なわないことは大前提です。しかし、製品設計においては、作りやすさも非常に重要です。作りにくい製品は、コスト増加、不良率上昇、納期遅延などの問題を引き起こします。

そこで今回は、デザインの許す範囲で作りやすさを意識した設計の重要性について解説します。

1. 作りにくい設計のデメリット

作りにくい設計は、以下のようなデメリットをもたらします。

  • コスト増加
    • 製造工程が複雑になり、人件費や材料費が増加します。
    • 修正や調整に時間がかかり、コストが嵩みます。
  • 不良率上昇
    • 組み立てや加工が難しく、不良品が発生しやすくなります。
    • 品質管理に手間がかかり、コストが増加します。
  • 納期遅延
    • 製造工程に時間がかかり、納期に間に合わない可能性があります。
    • スケジュール管理が難しくなり、顧客との信頼関係に悪影響を及ぼす可能性があります。

2. 作りやすさを意識した設計のポイント

デザインの許す範囲で、作りやすさを意識した設計には、以下のポイントがあります。

  • シンプルな構造
    • 部品点数を減らし、複雑な構造を避けることで、製造工程を簡略化できます。
    • 部品同士の接合方法を工夫することで、組み立てやすさを向上できます。
  • 加工しやすい形状
    • 製造工程で加工しやすい形状にすることで、コストと品質を向上できます。
    • 3Dプリンティングなど、新しい製造技術を活用するのも有効です。
  • 標準部品の活用
    • 既存の標準部品を活用することで、製造コストを抑え、納期を短縮できます。
    • 設計の自由度が制限される場合もありますが、メリットの方が大きいことが多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です