商品の用途を絞ったパッケージデザインは購買意欲を高める?

二兎を追う者は一兎をも得ず」という言葉通り、商品でメインの用途以外に、あちこち使えると謳っているものって、なんだか迷ってしまいますよね。

確かに、メーカーとしては使用用途をできるだけ多く書きたい気持ちは理解できます。しかし、用途が多すぎると、お客様のニーズがぼやけてしまい、購買意欲が湧きにくくなってしまう可能性があるんです。

例えば、ある化粧品のパッケージに「シミ・シワ・くすみ・乾燥など、あらゆる肌悩みに!」と書かれていたら、どれに効果があるのか、どれをメインに使うべきなのか、迷ってしまいますよね。

それよりも、ターゲット層やメインの用途を絞り、その用途に特化したパッケージデザインの方が、お客様の心に響くのではないでしょうか。

例えば、同じ化粧品でも、「シミ対策に特化した美容液」とシンプルにパッケージに書かれていれば、シミに悩む人は手に取りやすいでしょう。

このように、用途を絞ったパッケージデザインは、お客様のニーズにマッチした商品選びを促進し、購買意欲を高める効果が期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です